トップ > ニュース・お知らせ

筆の里ありがとうの絵てがみ巡回展

2018.06.13

筆の街交流館K-JINでは「筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」にご応募していただいた作品の

優秀作品をパネルに入れて、各方面に貸出をさせていただいています。

 

 

19 下窄祐生三の作品

第19回 下窄祐生さんの作品

 

 

現在、広島県熊野町内外で常設展示して頂いているところは次の施設です。

 

熊野町内では

熊野町東公民館

熊野町町民会館

熊野町中央ふれあい会館

くまの・みらい交流館

熊野郵便局

広島電鉄 熊野営業所

熊野筆事業協同組合

呉信用金庫 熊野支店

もみじ銀行 熊野支店

JA安芸 熊野支店・萩原支店・追分支店

くまの書店などです。

 

町外では

かんぽの宿 竹原[広島県・竹原市]にて展示して頂いております。

 

また今現在期間を決めて展示して頂いているところは次の施設です。

 

広島県府中市歴史民俗資料館 平成30年6月24日(日)まで

広島県坂町町民センター   平成30年6月27日(水)まで  です。 

広島県坂町民センターの展示風景

広島県坂町民センターの展示風景

 

坂町(1)

 

特に広島県の府中市歴史民俗資料館では毎年開催していただいているうえに、市の広報やミニコミ紙、

ケーブルテレビ等で宣伝をして頂いたこともあってたくさんの方にご覧いただいているようです。

広島県府中市歴史民俗資料館の展示の様子

DSC09936メール添付

 

今年は公募の作業もなく何時もになくゆっくりとした時間で、絵てがみを見ることが出来ています。

 

たくさんの絵てがみを前にして、ゆったりとした気持ちで見ると「絵がうまい」、「字がきれい」などということではなく、その絵てがみの中に「秘められた」思いを深く感じることができます。

 

特に少し心が弱った時には何気のない言葉がとても心に刺さりますが、そんなギスギスした心をほぐしてくれるのが絵てがみの言葉や絵たちです。

 

まるで「大丈夫だよ。大丈夫だよ。」と背中をとんとんとされながら慰めてくれるように心地がよいです。

 

固くなった心や弱った心には、感動するもの[文化・芸術]に触れることが、乾いた大地に水が沁みる

ように、心を潤してくれるんだということに改めて気づきました。

 

ぜひお近くにお住まいの方に、その感覚を体感していただきたいです。

 

また、「筆の里ありがとうの絵てがみ作品」の貸出の詳細はこちらをご参照ください。


「筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」展示のご案内

2018.04.26

 

もうすぐゴールデンウィークです。

 

新緑と爽やかな風に誘われて、いろんな行楽へと足を運びたくなる頃です。

 

ただ、藤の花や、桐の花、ツツジに芝桜とゴールデンウイークに

みんなの目を癒してくれる花たちもいち早く咲き始めています。

 

もう少し咲いていてねと願うばかりです。

 

 

さて、ゴールデンウィークの5月1日(火)~5月6日(日)の期間中

大分県の中津市にあるイオンモール三光(こちら)で「筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」

の優秀作品のパネルが展示されます。

 

また、期間中5月3日(木)~5月4日(金)に筆の里のインストラクターによる絵てがみ教室も

開催されます。

 

堀田 智子

第19回 堀田 智子さんの作品

 

 

どうぞお近くにお住まいの方、お越しの方は、ぜひご覧ください。

 

 


福山市北部図書館での展示のお知らせ

2018.03.22

「暑さ・寒さも彼岸まで」とは言われていますが、春になったと思わせる気温が続いたかと

思ったとたん、季節を遡って冬に逆戻りかと思うほど気温が下がりました。

 

広島の桜の開花予想宣言も、一日、日延べになりました。

 

しかし、桜やレンギョ、ユキヤナギにモクレン・こぶしなどの木々の花々が、

「春はもうすぐそこまで来ているよ」と、教えてくれています。

 

百花繚乱の季節の到来です。

 

 

さて平成30年3月21日(水)~4月16日(月)まで

 

広島県福山市北部図書館 (広島県福山市駅家町近田60-1 TEL 084-976-4822)こちら 一階において 

 

「みんなにありがとう」と題して、筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞優秀作品が

展示されています。

 

お近くへお越しの方にはぜひご覧いただきたいです。

 

 

 

   [画面をクリックすると拡大]

福山北部図書館

福山北部図書館の展示風景 1

 

P1020735

福山市北部図書館の展示風景 2

P1020734 (1)

福山市北部図書館の展示風景 3


小池邦夫の絵手紙交流展 始まりました

2018.03.8

先日3月2日(金)より小池邦夫の絵手紙交流展~緒形拳ほか文化人との手紙を通して

が始まりました。4月22日(日)まで開催しています。[こちら

 

 

10011401

 

3月2日(金)の初日に小池邦夫さんの講演会がありました。定員を超えるたくさんの方にお越し頂きました。

ありがとうございました。

 

講演会で小池邦夫さんは、

「表現は拙くても、心の奥に秘めた思いは不器用でも相手には伝わる」

「メールでは感じない人と人とがつながる喜びは絵てがみなら出来る」と断言されました。

 

「ヘタ」とカタカナで表記したのは、自分らしさという意味を込めたとのこと。

 

飾らずに普段着のまま、自分の字で、相手の心を思って文章を素早く書く。

自分が表現されていることを書く。恥ずかしいこと、弱みも書く。それを筆で書くのが良い。

 

筆の毛の一本一本がその思いを伝えてくれているのではと思いくらい、

筆で書く(描く)絵てがみには強さがあり、その思いが伝わると言われました。

 

 

日本の三大随筆の一つとされる「徒然草」の150段に

「これから芸事を身に着けようとする人はとかくヘタクソのうちは誰にも見せたくない。こっそり練習して

、ある程度見られるようになってから披露するのがよいというものだけど、そういうことを言っている人

が最終的にものになった例えは一つもない-----」

というくだりがあるようですが、

笑われても、ヘタクソでも絵てがみを書き続ける事で、

「自分らしい字が出来、自分の想いが発露する、そしてそれを誰かが喜んでくれる」ということではないのかなと思います。

 

「本当に絵てがみを描きたいな」と思えた講演会でした。

 

さあ早速「この気持ちが萎えないうちに絵てがみを描こうかな」と思いましたが、

まだまだ勇気がいりそうです。

 

 

 

 


[絵てがみ川柳」の展示について

2018.02.27

ついこの前までの寒気が嘘のような、暖かな日が続いています。

 

京都の北野天満宮では恒例の梅花祭も終わり、今週末はひな祭りです。

 

いよいよ春です。

 

 

庭先には、春を待ちわびる草花たちが、身の丈を低くして地面に張り付くように生えています。

今年の寒さの中を生き抜いた、この草花たちに逞しささえ感じます。

 

その中に「オオイヌノフグリ」の花を見つけました。

 

この花を見ると春が来たのを感じます。

 

暦に合わせて行われる諸々の行事でも季節を感じますが、私たちを取り巻く自然は

私たちに「もうすぐ春が来るよ」とそっと伝えてくれているのかもしれません。

 

 

ここ熊野町の筆の里工房では

2018年3月2日(金)から4月22日(日)まで

「絵手紙作家 小池邦夫の絵手紙交流展 ~緒形拳ほか文化人との手紙を通して(詳細はこちら

が開催されます。

 

春の日差しの中、熊野町の自然を感じながら、遠くで鳴く鶯などの鳥の声などに耳を傾けながらお出かけしてみてはいかがでしょうか?

 

この展覧会には昨年皆様に応募していただきました[絵てがみ川柳」も同時に展示しておりますので

ぜひお越しくださればと思います。

 

 

この展覧会に合わせて熊野町内の次の各施設でも、今まで筆の里に寄せられた

「筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」の優秀作品を展示しています。

 

こちらもぜひご覧いただきたいです。

熊野町内の展示の様子

 

 

展示している町内施設名は次の通りです。

 

  熊野東公民館  

  熊野町民会館

  くまの・みらい・交流館

  熊野町中央ふれあい館2F

  熊野郵便局

  JA安芸 追分店

  JA安芸 萩原店

  JA安芸 熊野店    

  もみじ銀行 熊野支店

  呉信用金庫 熊野支店

  広島電鉄 熊野営業所バス待合室

  くまの書店

  広島銀行 熊野支店 (3月1日(木)~3月30日(金)まで)

  熊野町役場     (3月2日(金)~4月24日(火)まで)

  熊野町図書館    (3月2日(金)~3月31日(土)まで)

1熊野町役場そ

熊野町役場の展示の様子

 

 

 

 

 

 


広島市利松公民館で作品展 開催中

2018.02.14

早いもので、暦は2月も半ばを過ぎました。暦では立春を過ぎましたが、

例年にない寒波が日本海側を襲っています。

 

豪雪に見舞われた地方の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 

ミニ氷河期が来たとか、黒潮が蛇行したためだとか、諸々のニュースがネットを

ざわつかせていますが、どの情報が正しいのか、デジタル時代には情報の真偽を

見極める能力が必要なようです。

 

さて広島市の佐伯区にある利松公民館(HP)で

「筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ展」が2月末まで開催されています。

 

お近くにお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

 

利松公民館場所[ここ

利松公民館展示2

利松公民館展示1


「筆の里ありがとうの絵てがみ」のパネル展示のお知らせ

2017.12.26

来たる1月の初旬より、次の広島市内の3ヶ所の公民館で「筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」の

優秀作品の展示を行います。

 

お近くにお住まいの方ははぜひご覧ください。

 

広島市牛田公民館 

   平成30年1月4日(木)~平成30年1月29日(月)まで

 

広島市南観音公民館

   平成30年1月4日(木)~平成30年1月31日(水)

 

広島市五月が丘公民館

   平成30年1月10日(水)~平成30年1月31日(水)

 

湯来西公民館1

湯来西公民館 展示風景

 

 

 


一陽来復 新年に向けて

2017.12.22

今日は冬至。一年で一番日が短い日です。

 

昨今、ス―パーなどでは、日本に古くからある食べ物の風習を取り入れた食品の販売をされています。

冬至の日には「柚子湯の為の柚子」と「かぼちゃ」が店先に並んでいます。

 

 

昔は、家庭で自然と季節の行事を行っていました。

 

しかし野菜などの温室栽培や保存方法の進歩で、野菜の旬ですら分からなくなった、

冷暖房の完備で寒さ暑さも凌げるようになった、など季節を感じる事が少なくなりました。

 

 

[画像をクリックすると拡大する]

4 米田 春子 母

第4回 米田春子さんの作品

 

 

春夏秋冬がある日本で、季節を意識し、古くからの風習に乗っ取って過ごすことは、季節の行事を通して、

自分の昔の記憶が蘇ったり、家族との思い出を作ったり出来るので、単調な毎日ではなく、彩り豊かな日を

送れるようになるのではと思います。

 

「筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」への応募作品にもそんな家族で行った行事などを懐かしく

思い出されている作品が多いです。

その作品に家族の愛情が満ち溢れた温かな日常が見て取れます。

 

 

アメリカのコメディアンのジョージ・カーリンの「この時代に生きる私たちの矛盾」の

「ビルは高くなったけど、人の気は短くなり

 高速道路は広くなったけど、視野は狭くなった---」

と始まる論評のように大切なものを忘れているのかもしれないと思うようになりました。

 

 

[画像をクリックすると拡大する]

4310_樋口 実代子(長野県)

樋口美代子さんの作品

 

 

 


絵てがみ川柳の応募のお礼

2017.12.14

更新を怠っている間に、季節は冬至を迎える頃になりました。

 

クリスマスや正月が差し迫り、彩り豊かな飾りが店先に飾られて、否応なく年の瀬を感じます。

 

今月に入り例年になく強い寒波が日本列島を襲っているようです。

皆さんと一緒に新しい年を滞りなく迎えたいものです。

 

さて、9月から応募を開始した「絵てがみ川柳」へはたくさんの方々にご応募いただきました。

本当にありがとうございました。

 

 

「川柳は難しい」といわれるお方も多い中、

「初めて挑戦した。」「575の言葉を集めただけよ。」

と難しいながら挑戦して下さった方もおられました。

 

絵てがみ川柳の応募作品を見ながら、この数か月は指を折って、言葉の数を数えることが多かったですが、

言葉を意識するとまた違った生活を送ることが出来ました。

 

絵てがみを描かれる方は、季節をとても意識し、自然の移ろいにも敏感なので、その感覚を

一緒に味わう事ができました。

 

寄せられた絵てがみは筆の里工房で来春開催される

 

「小池邦夫の絵手紙交流展―緒形拳ほか文化人との手紙を通して―」⇒こちらを参照

でお披露目となります。

 

 

たくさんの方にご覧いただきたいです。


17072101

 


広島市安芸区 阿戸公民館での展示

2017.09.14

今までご応募いただいた「筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞」の優秀作品30点が

熊野町に隣接する広島市の安芸区阿戸町にある公民館で展示されています。

 

 

お近くにお越しの方はぜひご覧ください。

 

阿戸公民館(ここ)です。

阿戸公民館3

阿戸公民館内の展示風景

阿戸公民館2

阿戸公民館内の展示風景

 


ニュース
お知らせ

new

過去の記事


  • 熊野町
  • 筆の里工房
  • 熊野筆